読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99%ありがとう (一般書) 単行本 – 2013/11/20 藤田 正裕 (著)

99%ありがとう (一般書) 単行本 – 2013/11/20

 

f:id:ham2020:20170330161327j:plain

 

 99%ありがとう 商品の説明

 99%ありがとう 内容紹介

30歳のある日、人生が狂った。
突然の診断から3年、左手指と顔しか動かせなくなった広告プランナーが綴る喜怒哀楽の極致、そして希望のメッセージ。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、感覚や知能ははっきりしたまま、次第に体中の筋肉が痩せ自由がきかなくなる難病で、原因も治療法もわかっていない。呼吸に必要な筋肉も弱っていくため余命は3~5年といわれている。誰がいつなってもおかしくなく、現在、日本の患者数は約9000人。2010年11月、突然診断を受けた著者は、想像を絶する感情の波に翻弄されながらも、厳しい現実と向き合い、闘う決意をした。ALS前/後で劇的に変化した生活、価値観、思考の有り様を、心に刺さる素直な言葉で綴る。

★全文、英訳付き

【 99%ありがとう 帯コメント】

「Hiroの独り言は、私の事であり、あなたの事です。」CHAR

「いったい何と戦っているんだろう?」藤原ヒロシ

「ヒロさんの気合いには、今も変わらずインスパイアされています。」VERBAL

「生きる」この本の言葉の一つ一つに、その重みが感じられました。TERU(GLAY)

本書は2014年、最初にして最大の収穫だった。成毛眞(HONZ代表)

****************************

At the age of 30 suddenly his life fell apart.
3 years since the diagnosis, a strategic planner from a global advertising agency who can now only move his left index finger and his face, expresses his thoughts and emotions on life before and after ALS...and about his hope.

ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis also known as Lou Gehrig's disease or MND) is a terminal disease that is characterized by the gradual weakening and atrophying of the muscles of the entire body meanwhile bodily sensation and cognitive function remain intact. The cause is still unknown, and the progression of the disease is extremely rapid, with the average life expectancy being 3 to 5 years after diagnosis. It is a disease that could happen to anybody. There are approximately 9000 patients in Japan waiting for a cure. November 2010, Hiro, the writer was diagnosed with ALS. His fight against ALS began. In this book he writes about his feelings and emotions before and after ALS in his raw honest words. This book was written with his eyes using the eye tracking system.

★Written in Japanese and English.

【Comments of a wraparound band】

“Hiro's words from the soul. They're about me, and they're about you." by CHAR

“I wonder, what the fight is really against?"by HIROSHI FUJIWARA

“Hiro's determination continues to inspire me."by VERBAL

“I felt the weight of what it means to truly live in each and every word of this book." By TERU (GLAY)

“The first and best book I've encountered all year." By Makoto Naruke (Representative HONZ)

 99%ありがとう 内容(「BOOK」データベースより)

30歳のある日、人生が狂った。突然の診断から3年、左手指と顔しか動かせなくなった広告プランナーが綴る喜怒哀楽の極致、そして希望のメッセージ。

 99%ありがとう 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤田/正裕
1979年11月30日東京生まれ。愛称はヒロ。幼少期は父親の仕事の関係でアメリカ、スイス、イギリスなどで過ごす。日本に帰国し国立の中学校に転入、高校は東京のアメリカンスクール、大学はハワイに進学した。ハワイのシェラトンホテルでコンシエルジュを務めた後、2004年に日本に帰国し、国際広告会社(株)マッキャンエリクソンに入社。同社でプランニングディレクターとして活躍していた2010年11月、難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断される。現在は顔と左手の人差し指しか動かない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

 99%ありがとう 登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2013/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591136817
  • ISBN-13: 978-4591136812
  • 発売日: 2013/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm

 

 

 99%ありがとう レビュー

ヒロさんの様々な取り組みにまず感嘆。力強さに、こちらが励まされます。
心情を想像すると胸は苦しく、想像しきれないことにまた苦しくなりますが、
ご本人は、きっと読者一人ひとりに、生きることや、どのように生きるかについて、
考える機会にもなればとお考えなのでは、と感じました。
多くの人に一読いただきたい本です。

 

 

12年前に同じ病気で姉が他界しました。呼吸器を拒否したからでもありますが。
彼女がベッドの上で何を感じていたのか、また考えさせられることもありました
。とにかく藤田さんには頑張って欲しいです。
多くの人に読んでもらってALSのこと知ってもらいたいです。

 

星のうち 5.0是非世界中のみなさんに読んで欲しい!
投稿者 Rosey 投稿日 2013/12/1
形式: 単行本 Amazonで購入
30歳で突然今まで普通にしていた生活ができなくなる。そうなったら、人は何を考えるだろうか?苦しいとかなんとかして欲しいと思うだろう。本書のヒロは、それをEND ALSという形で世の中に発信し始めた。フェイスブックやブログでこちらの体が震えるような、想像を絶する苦しみや悩みを綴り続けている。それがこのたび、日英バイリンガルの本になった。

日本人のみならず、日本語や英語が分かる人たちに是非とも薦めて欲しい。こんなに前向きに生きることを教えてくれる後輩を、私は誇りに思う。

必読の書。END ALSのHPも見て欲しい。こんなに強い人に私は会ったことがない。

ALS... an incurable disease... The author, Hiro, has been fighting this disease and writing his blog, which has been inspiring SO MANY people in Japan and all over the world. This is a MUST-READ. I have been recommending every single person I meet to read this book. This book gives you courage and makes you think about life and love that surrounds you. HIGHLY recommended. Visit END ALS website, too and support Hiro.





介護に携わる皆さんに読んで欲しい
投稿者 YUK@ 投稿日 2014/5/4
形式: 単行本
テレビで藤田さんを見て、本が出ている事を知り購入しました。
私は介護する側の人間なので、される側の気持ちを考えて関わっていなかった様に思えました。本当のヘルパーがいないと言う言葉が胸に刺さりました。人間は自分がと言う気持ちが出てしまいがちですが、相手を一番に思える本当のヘルパーを目指したいです。


5つ星のうち 5.0感動しました!
投稿者 武井直美 投稿日 2014/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入
ヒロさんの前向きな生き方に心打たれました。毎日どんな気持ちで生きていらっしゃるのかと思いを馳せると色々な瑣末な日常を反省させられるのと同時に、何とか最近のi新細胞発見等々が彼の回復へ繋がる希望となることを祈って止みません。どうかヒロさんの未来が開けますように!!


5つ星のうち 5.0ヒロさんすごい!
投稿者 maru 投稿日 2014/10/3
形式: 単行本 Amazonで購入
感想など述べたら、軽くなりそうで言葉にできません。
泣いたり、笑ったり、怒ったり、失敗したり、、しながら私の生きていく意味を私なりに捜しながら、私も頑張っていきます。
ヒロさんありがとう。



5つ星のうち 5.0ぜひ読んでください。
投稿者 げん 投稿日 2014/1/16
形式: 単行本 Amazonで購入
ALSという病気を知らない方、ぜひ読んでほしいです。
今まで何でもなかった日常がありがたく感じます。
藤田さんの本当のつらさはわからなくても
胸を打つ言葉がたくさんあります。



5つ星のうち 5.0まだまだ知らない世界がたくさんあると教えられた
投稿者 星野晃彦 投稿日 2014/9/30
形式: 単行本 Amazonで購入
病気と、それに闘っている人が多くいるということを知ることが出来ただけでもとても良かった





5つ星のうち 5.0自分の生き方を考えさせられました。
投稿者 もじこ 投稿日 2014/1/1
形式: 単行本
自分の生き方を考えさせられる本です。

誰かに起こってる悲劇の病気の話。
ではない。

自分も明日起こるかもしれないコトなのだと思います。

作者のヒロさんの言葉一つ一つが、ココロにストンと入ってきて、本気で笑ったり泣いたりしました。

絶対読むべきです。