読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えがおの宝物 進行する病気の娘が教えてくれた「人生で一番大切なこと」 単行本(ソフトカバー) 2015/8/18

 

 

 

えがおの宝物 進行する病気の娘が教えてくれた「人生で一番大切なこと」 単行本(ソフトカバー) – 2015/8/18

 

f:id:ham2020:20170330153626j:plain

 えがおの宝物 進行する病気の娘が教えてくれた「人生で一番大切なこと」商品の説明

 えがおの宝物 内容(「BOOK」データベースより)

10代で亡くなることもある難病「福山型先天性筋ジストロフィー」を患う少女と家族が紡ぐ、幸せに生きるヒント。

 えがおの宝物 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/さくら
親業インストラクター。心理カウンセラー。「Mom time to live your life 81」主宰。英会話スクールで営業、クライアントケア、エリアマネージャーを務めたのち、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーを取得。2007年、結婚、長女出産、2010年に次女出産後、親業訓練協会認定インストラクターになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

 

f:id:ham2020:20170330153714j:plain

 

 

 

 

 えがおの宝物 進行する病気の娘が教えてくれた「人生で一番大切なこと」登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: 光文社 (2015/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334978355
  • ISBN-13: 978-4334978358
  • 発売日: 2015/8/18
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.5 cm

 

 

 

 えがおの宝物 進行する病気の娘が教えてくれた「人生で一番大切なこと」カスタマーレビュー

 
 
本の概要は書名や「商品の説明」に書いてある通りである。著者は「書くのは苦手」と書いているが、そのことが逆に、現実に起こったことや、その時に著者や周辺の人たちが考えたことを、生き生きと伝える要因になっているように思う。他のレビューでも書かれていたが、夫婦やカップルをはじめとして、人生や家族関係に悩む多くの人たちが、それぞれの立場で感じることが多い本ではないだろうか。個人的には、著者が「お医者さんになって娘の病気を治してあげたいが、冷静になって考えるとそれは不可能だった」と気づく場面が印象に残っている。そこから、著者は現実的に自分ができることを模索し、行動に移していく。その内容については、ぜひ本書を読んでみてほしい。最後になるが、表紙の写真は本書の内容を端的に表現していて、とても素晴らしいと思った。